占いと手相の変化

占いと手相の変化には

占いと手相の変化について

手相診断に関しては、とても古くからある占いであり、現在でもブームとなっている占術の一つです。こちらの診断で、とても不思議に思う方もおられるものですが、手の線というものは、おおよそ3か月を目途にどんどんと変わっていきます。つまり、脳と手は、つながっているためその関係で変化が起こっているのです。例えば、運命的に素晴らしい配偶者と出会える場合には、手相にも変化が出るようになっており、3か月前にはなかった線などが、手に刻まれるようになっています。著名な占い師さんは、こちらを見逃すことなく、「今後の出会いにはこのようなものがあるからタイミングを逃さずに」といったアドバイスをくれます。

手相占いについてのこと

手相占いをする場合には、基本的に「どのようなことを占いたいのか?」ということを考えながら行う必要があります。例えば、自分の財運の力がどれくらいあるのか、を知りたい場合には、小指の下にある「線」がどのくらいの長さか、または太さかということを調べればいいです。この線のことを手相では「財運線」と呼んでおり、太く、そして長く線が途切れることなく伸びている場合には、財力を多く手に入れることが出来る運勢である、と言われています。また、同時に隣にある薬指の下にある「太陽線」、こちらもしっかりと太く伸びていれば、とても良い運勢を持っているということになります。

手相占いに関する情報

↑PAGE TOP

Copyright & copy; 手相の占いの勉強には All rights reserved